身体を柔らかくする柔軟ストレッチ法TOP > 部位別柔軟ストレッチ > 腰の柔軟ストレッチ




腰の柔軟ストレッチ

腰の柔軟ストレッチは、腰まわりの筋肉をほぐして伸ばすため、
腰痛の痛みや筋肉疲労をやわらげる事ができます。

また、腰の柔軟ストレッチをすることにより、姿勢の改善にもつながります。

腰の柔軟ストレッチ方法としては、老若男女を問わず気楽にでき、
痛みで横になれない人でも出来る椅子を使った柔軟ストレッチ方法が
お勧めです。

1.椅子に座り、足を開いて背筋を伸ばした状態で息を吐きながら
ゆっくりと上半身を前に頭を下げすぎない程度曲げます。
この腰の柔軟ストレッチをすることにより腰椎と骨盤のつなぎ目が伸びます。

2.そのままの状態で右手は太ももに置いたまま左手を前にゆっくり伸ばします。
今度は左手を太ももに置いたまま右手をゆっくり伸ばします。
この腰の柔軟ストレッチは、腰椎と骨盤のつなぎ目と背中の筋肉を伸ばす作用があります。

3.上半身を起こし、左足を右足の上に組み背筋をまっすぐに伸ばした状態で上半身を左側にねじります。
今度は右足を左足の上に組み、上半身を右側にねじります。
この腰の柔軟ストレッチをする事により背骨周辺の筋肉を伸ばす作用があります。

以上の腰の柔軟ストレッチをゆっくりと少しずつ筋肉を伸ばし、
3〜5回繰り返すことにより、現代人に最も多い腰痛と肩こりの解消の効果が期待できます。


 

部位別柔軟ストレッチ記事一覧

腰の柔軟ストレッチ

腰の柔軟ストレッチは、腰まわりの筋肉をほぐして伸ばすため、腰痛の痛みや筋肉疲労をやわらげる事ができます。また、腰の柔軟ストレッチをすることにより、姿勢の改善にもつながり...

肩の柔軟ストレッチ

肩の柔軟ストレッチは、肩の筋肉だけでなく、胸や背中、腕を動かす筋肉など、肩周辺の筋肉全体をほぐして血液の流れをよくし、肩こりをやわらげます。肩の柔軟ストレッチも、老若男女問...

骨盤ストレッチ

骨盤や骨盤に連動している腰椎が何らかの原因によって左右どちらかに歪むと、生理通・不妊・肌荒れ・腰痛・便秘・下痢などの病状が出やすくなります。また、体のバランスがくずれて...

股関節の柔軟ストレッチ

股関節はリンパ節が集中しているため、老廃物が溜まりやすい部分です。運動不足や冷房による下半身の血行不良などで、スグに老廃物が溜まります。この股関節を柔軟ストレッチで伸ばせば、お腹の...

首の柔軟ストレッチ

首の柔軟ストレッチをすると、頭痛や肩こり、自律神経失調症、うつなどの解消、顔のたるみの解消につながります。筋緊張型頭痛の原因は首の筋肉にあります。首の筋肉の緊張により、脳へ...

背中の柔軟ストレッチ

背中って、自分で見えない上に手が届きにくい場所ということもあり、軽視されがちですが、実は慢性的な肩こり、猫背対策として背中のストレッチはとても効果的なんです。背骨は頚椎7個...