身体を柔らかくする柔軟ストレッチ法TOP > スポーツやダンスの柔軟ストレッチ > 野球の柔軟ストレッチ




野球の柔軟ストレッチ

野球ではスピードや瞬発力を必要とされますが、その前提としてやはり体全体の柔軟性も必要です。柔軟性がないと、好きな野球で怪我をしてしまったりするおそれもあり、またファインプレーも期待できません。

野球で柔軟ストレッチ運動を怠ると、たとえば投球する時に肩や肘の筋腱付着部や関節に痛みが出ることがあったり、スイングや投球の繰り返しで手首に腱鞘炎が起きたりします。また、投球時に腰をねじるので腰痛が出たりすることもあります。しっかり柔軟ストレッチ運動をしておきましょう。

肩の柔軟ストレッチでは、まず右手を頭の上で肘をまげて、頭の後ろから左手で下に引っ張ります。20〜30秒間静止し、手をかえて同じ動作をします。これは肩の関節の柔軟性を高めます。

腰の柔軟ストレッチの場合は、椅子に座り両足を大きく開き、両足の間に体をまるめるようにして曲げます。約30秒静止しましょう。

他にも腕や背中、股関節、脚などさまざまな部位に応じた柔軟ストレッチ法があります。

野球の柔軟ストレッチに共通していえることは、無理をせず痛みを感じない程度のところで30秒静止すること、呼吸は伸ばしていくときに吐く、体の一部分だけを集中して行わない、毎日続けて行うなどです。このような点を意識して行うことで、柔軟ストレッチの効果がアップします。
 

スポーツやダンスの柔軟ストレッチ記事一覧

野球の柔軟ストレッチ

野球ではスピードや瞬発力を必要とされますが、その前提としてやはり体全体の柔軟性も必要です。柔軟性がないと、好きな野球で怪我をしてしまったりするおそれもあり、またファインプレーも期待...

ゴルフの柔軟ストレッチ

ゴルフでも良いスイングをするためには体の柔軟性は必須です。ゴルフの柔軟ストレッチでスコアアップしたという人もいますよ。ゴルフの柔軟ストレッチといっても、ゴルフコースや練習場...

バレエの柔軟ストレッチ

バレエをやる人は誰が見てもわかるように、驚くほど体が柔らかいですよね。バレエを踊るには柔軟性が必須ですから、毎日の柔軟ストレッチは欠かせません。バレエ柔軟ストレッチでは、ス...